Hal-monia

自分で打ち込み(DTM)、一人で歌う(全パート)はる《Hal-monia》のブログです。ミュージカル曲が多いです。 ”一人で歌ってみた”の他に”コーラス/相手役入りのカラオケ”も作っています。

「今(ひかりふる路 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜)」一人で歌ってみた+相手役入りカラオケ

「今(ひかりふる路 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜)」一人で歌ってみた



自分で打ち込み(DTM)、一人で歌う(全パート)、はる《Hal-monia》動画第31弾は宝塚歌劇団ミュージカル「ひかりふる路 〜革命家、マクシミリアン・ロベスピエール〜」より「今」です。

以前同じ作品から「葛藤と焦燥」というナンバーに挑戦しましたが、今度はガラッとかわってしっとり、且つドラマチックなデュエットに挑戦しました!
ちなみにまだこの作品は観ておりません!なんでも、もう少ししたらオンデマンドの方で見られるようになるみたいなので、そしたら観たいです。(何の報告?)

観たことないのになぜこの曲に挑戦したかというと、コメント欄で教えていただいたのがきっかけでした。
聴いてみると公式チャンネルの制作発表会パフォーマンスで聴いた曲で「あ〜これかあ!」となったのでした。
美しい曲ですね…

ただ、前回同様この2曲とあらすじしか知らない私にはここで語れることがありませんで…
え〜っと…観るのが楽しみです

ということで(?)、いつものように1パートを抜いた動画も作っていますので、よろしければご一緒に歌ってみてください♪

「今」マリー=アンヌパートを歌ってみた 



ロベスピエール用カラオケバージョンです。

「今」ロベスピエールパートを歌ってみた 



マリー=アンヌパート用カラオケバージョンです。
 

「Magia(Kalafina)」一人で歌ってみた+別パート入りカラオケ

「Magia(Kalafina)」一人で歌ってみた



自分で打ち込み(DTM)、一人で歌う(全パート)、はる《Hal-monia》動画第30弾はKalafina「Magia」です。
年明け第1弾動画ですが、実は歌ったのは年末でした。そして年末には動画UPできると思ってたのにPCが色々あってさ…ま、それはさておき。

この楽曲はテレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のエンディングテーマ、挿入歌なんだそうですが、私はそちらの方面はとんと疎く、アーティストKalafinaさんの楽曲として出会いました。

Kalafinaさんの楽曲は全てそうですが、独特な世界観が構築されていて、曲が流れている間は異空間にどっぷり浸らせてくれるんですよね。
それにお三方のハーモニー
好き

この「Magia」はガツッとしたロックにオリエンタルなニュアンスがあって、力強さと妖艶さが耳に残る楽曲となっております。
こういう曲、時々猛烈に歌いたくなるんですよね。
ま、パワーも相当いるんですが…。

三声のハモリということでなかなか耳コピもパート分けもハードルが高く(まあ、間違ってるところも多々あるかと思いますが…ご容赦くださいませm(_ _)m)、こういう楽曲でいつもの別パート入りカラオケの需要がどれほどあるかなぁ?と思ったのですが、一応いつも通り作ってみました(少なくとも私は使うので 笑)。

普通に聞いて口ずさむメロディ、主旋律がHikaruさんパートになるかと思います。
ただ、Cメロの主旋律はKeikoさんパートになりますが…。
よかったら色々試してください
 
Kalafinaさんの曲を歌ってみていつも思うことは、どのパートも美味しいよな〜ということ。
好きなパート歌わせてあげるよ、って言ってもらったとしても選べない 笑。
だから一人で全部歌っちゃったりするんだな〜なんてしみじみと思ったのでした。


「Magia」Hikaruさんパート以外を一人で歌ってみた 



Hikaruさんパート(中音域)用カラオケバージョンです。
大体の部分で主旋律になると思います(Cメロ以外)。

ハモリが上と下に挟まれてたりするので、めちゃくちゃパワーがいると思いました!
でも、気持ちいいです。 

「Magia」Wakanaさんパート以外を一人で歌ってみた
 

Wakanaさんパート(高音域)用カラオケバージョンです。
一部Bメロの主旋律、上ハモパートになります。

上ハモのキラキラ感、憧れです。

「Magia」Keikoさんパート以外を一人で歌ってみた 



Keikoさんパート(低音域)用カラオケバージョンです。
下ハモ、Cメロの主旋律パートになります。

この下ハモ、かっこいい!!
私の喉的には一番しっくりくる音域です 大好き。
 

「精神病院〜魂の自由(エリザベート)」一人で歌ってみた+相手役入りカラオケ

「精神病院〜魂の自由(エリザベート)」一人で歌ってみた(宝塚ver.)
 

自分で打ち込み(DTM)、一人で歌う(全パート)、はる《Hal-monia》動画第29弾はミュージカル「エリザベート」より「精神病院〜魂の自由」です。

この場面は何といっても、エリザベートとヴィンディッシュ嬢との掛け合いに、役者同士の演技合戦といった趣きを感じます(笑)
ヴィンディッシュ嬢を演じる方は、この瞬間に魂を込めてらっしゃると思うので、対するエリザベートも皇后の威厳を持って、なおかつ、立場ゆえの孤独さも背中合わせに持っているのだという表現も…

音としては「精神病院」部分の難しさ!!ですね。
何度聞いても「???」(笑)いや、笑い事じゃなく
音源をゆーーーっくり再生して1音1音拾っていっても「え?ほんまにこんな?」みたいになっちゃうんですよね。
打ち込みもそうなのですが、ヴィンディッシュ嬢はそれを歌わなくちゃいけないので、速すぎて音をきっちり当てられない…。ひ〜。

いくつかのバージョンを聞いたのですが、公演では後半、狂気的に笑うか、叫ぶかといった形でほとんどメロディーは崩されているパターンが多かったのですが、この動画を作るにあたって、声だけだし、何度か練習される方は何度も聞かなくちゃいけないし、ということもあって、「ガラコンサートバージョン」が音に忠実に歌ってらっしゃると思ったので、そちらをお手本にしました。
とはいっても、到底再現には及びませんが、あくまで方向性として…
生暖かく見守ってくださいませ🙇

いつものように1パート抜きのカラオケも作りましたので、こんなヴィンディッシュ嬢でよければ、エリザベートの威厳、悲哀をたっぷり滲ませて歌い上げてくださいませ♪

「精神病院〜魂の自由」ヴィンディッシュ嬢パートを歌ってみた(宝塚ver.)
 

エリザベートパート用カラオケバージョンです。

実際歌ってみて、歌詞を台詞のように表現しようとすると、歌としてはのっぺりしがち…みたいになったり、これもまた想像以上の難しさを痛感しました。
(舞台で実際に演技込みだとまた加減も変わってくるとも思いますが…)
みなさまそれぞれのエリザベート皇后を歌い上げちゃってください♪

「精神病院」エリザベートパートを歌ってみた



ヴィンディッシュ嬢パート用カラオケバージョンです。
こちらは「精神病院」のみにしました。「魂の自由」でも舞台上にいるのですが、歌っていませんので…。

これに限らず、私が作っているオケはガイドメロディも入れていませんので、ある程度ご存知でないと歌いづらいこともあるかもしれないですが、このナンバーに関しては、知っていても入りどころが「???」かもしれません
こちらは0:26〜鳴る音を6拍聞いてから「さあ、皇后自ら〜と入ってください♪

ちなみにそのあとの「この人嘘をついてる〜」についてはオケと完全にタイミングが一緒なので…すみませんが音源に慣れてくださいw
(私はちょっと早すぎちゃいましたすみません)

歴代の演者の方々、個性様々に演じてらっしゃいましたし、 みなさまも思う存分、皆様ならではのヴィンディッシュ嬢を歌ってみてくださいませ♪ 
 
プロフィール

はる《Hal-monia》

記事検索