Hal-monia

自分で打ち込み(DTM)、一人で歌う(全パート)はる《Hal-monia》のブログです。ミュージカル曲が多いです。 ”一人で歌ってみた”の他に”コーラス/相手役入りのカラオケ”も作っています。

「私だけに〈リプライズ〉(エリザベート)」一人で歌ってみた+相手役入りカラオケ

「私だけに〈リプライズ〉(エリザベート)」一人で歌ってみた



自分で打ち込み(DTM)、一人で歌う(全パート)、はる《Hal-monia》動画第35弾はミュージカル「エリザベート」より「私だけに〈リプライズ〉」です。

ちなみにエリザベート楽曲としては19曲目!こんなにやることになるとは思わなかった…。
それでもWikipedia掲載のセットリストを単純に数えて、まだ半分ほどです。
「全制覇するぞぉ!」なんて意欲、全然湧かない(笑)


「エリザベート」第一幕の最後に歌われるナンバーです。
歌ってるのはほとんどフランツなのですが(笑)、「私だけに」はキャラクターとしてのエリザベートのテーマみたいな曲なので、それをフランツが歌うというところにエリザベートのコアな部分をも全面的に受け入れた、という感じがしてなりません。

この曲の最後あたり、すっと銀橋に現れるトート閣下がかっこいいんですよね
閣下の歌うパートはオブリガートでしかも短いのですが、最後の締めを歌う(叫ぶ?!)ので、さすがトップさんという感じですね。
これ、宝塚じゃなければやっぱり締めはエリザベートなのかしら??

ということで、いつものごとくカラオケバージョン動画も作りましたので、よろしければご一緒に歌ってみてください♪

「私だけに〈リプライズ〉」エリザベートパートを歌ってみた 



フランツ・トートパート用カラオケバージョンです。
全然被っていないので一緒にしました。

エリザベート曲をやるたびに思うのですが、フランツパート、本当にしんどいです(笑)。
もちろんキーのレンジが広いのもあるんですが、私の中のフランツのイメージって”アクセルとブレーキを一遍に思いっきり踏んでる”みたいなタイプなので、ついつい”抑えながら力一杯出す”モードに入ってるのかもしれない、なんて思っています。

この曲でも「感情を抑えるのが皇帝の義務」と言ってますしね(笑)。
でもそれだけでなく彼なりの情熱もある。
すごい人ですね。(皇帝なんだよ)

「私だけに〈リプライズ〉」フランツ・トートパートを歌ってみた
 

エリザベートパート用カラオケバージョンです。

このミュージカルでエリザベートが一番輝いている瞬間ですね。
娘役さんが”見栄を切る”ことって本当に数少ないと思うのですが、これはその代表みたいなものでしょうか?
思いっきり輝きながら、気持ちよく歌ってみてくださいませ 
 

「世界の王(ロミオとジュリエット)」一人で歌ってみた+アンサンブル入りカラオケ

「世界の王(ロミオとジュリエット)」一人で歌ってみた



自分で打ち込み(DTM)、一人で歌う(全パート)、はる《Hal-monia》動画第34弾はまたまたミュージカル「ロミオとジュリエット」より「世界の王」です。

こちらもこの作品で人気のある(全部か?笑)ナンバーですね。
仲間達と一気に盛り上がる時ってこんな感じだよねって雰囲気で好きです。
観ていてもとても楽しくなるナンバーなのですが、これ、歌ったらもっと楽しかったです
歌えば歌うほど気分が上がります

ところで、全員で歌うサビ「♪朝から夜まで〜」って、どこで息継ぎしたらいいんですかね?笑
私は結局「♪俺たちの」まで吸えなくて、これでもかってくらい息を吐き出してるんですが。
いや、厳密には1回目はまだ大丈夫なんですけど、2回目以降がキツい 笑
だからといって、他のどこでも切れないので結局一息でやってるんですけど…。
…楽しくなるのって、酸欠でハイになってるのかな?笑
舞台ではこれで更に踊ってるので、本当にすごいです。

あと、後半のベンヴォーリオのフェイク「♪WO〜」 って、歌いながらなんか、歌詞が歌詞だけに「♪王〜」って聞こえたらやだなと思って、ちゃんと「♪WO〜」に聞こえるように歌ったつもりなんですが、一回想像したらもう自分の脳内で「♪王〜」って変換されちゃってもうダメでした。
なんの話や。

そんな話はさておき、今回もカラオケ動画を作りましたので、よろしければご一緒に歌ってみてください♪

「世界の王」アンサンブルパートを一人で歌ってみた



ロミオ・ベンヴォーリオ・マーキューシオパート用カラオケバージョンです。

実はカラオケバージョンをどうしようか迷ったのですが、結局この形にしました。
3人ともほぼ同じ分量なので、3人分に分けると1回で出番が少なくなっちゃうんですよね。
ということで、よろしければ楽しく歌ってみてください♪

「いつか(ロミオとジュリエット)」一人で歌ってみた+相手役入りカラオケ

「いつか(ロミオとジュリエット)」一人で歌ってみた



自分で打ち込み(DTM)、一人で歌う(全パート)、はる《Hal-monia》動画第33弾はミュージカル「ロミオとジュリエット」より「いつか」です。

「ロミオとジュリエット」でも人気の高い「いつか」
ナンバーのポジションとしては「ファントム」「HOME」にも少し通じるものがあるなぁなんて思っているのですが。
まだ顔も見ぬ運命の相手を想って歌う歌(あ、クリスティーヌはちょっと違うか)。
いいですね。

これも「バルコニー」同様とっても初々しくて可愛いデュエットで(また”おばちゃんみ”が出てるよ)、これまた前回同様「アテレコモード」で楽しく歌ってみました。
いやぁ「16の乙女」ですからね…

曲としては後半繰り返しと思いきや、ちょっと変則で来る、みたいなメロで、歌は歌詞があるからいいんですけど、オケを打ち込みしている時はしょっちゅう「今、これどこ?!」なんてちょっと混乱しました。(そういえば「エメ」も打ち込みの途中で訳わかんなくなった…ロミジュリ…)
しかも変拍子なんですよね〜。打ち込みが地味に面倒だった… 
でも、その後半が特に好きです(聞いてるぶんには 笑)

またこちらも1パート抜きのバージョンも作っておりますので、宜しければご一緒に歌ってみてください♪

「いつか」ジュリエットパートを歌ってみた 



ロミオパート用カラオケバージョンです。

「いつか」ロミオパートを歌ってみた 



ジュリエットパート用カラオケバージョンです。
 
プロフィール

はる《Hal-monia》

記事検索